STORY

第2話 世界に残されたものは

デリダが冷却睡眠装置から目覚めたとき、10年の時が経過していた。荒廃し、暴走したDZの群れがひしめく2060年の世界で、DZに襲われていたデリダを救ったのは、デストラクトのヴィドーという男だった。ヴィドーは、人工知能ナビを搭載した車・グラハムと、娘のマユカと共に請負仕事をしているという。混乱しながらもネイサンの最期の言葉を思い出したデリダは、マージュ探しへの同行をヴィドーに依頼するが……。

脚本:古怒田健志/佐藤卓哉   絵コンテ:祝浩司   演出:ともゆきつとむ   総作画監督:西田美弥子   作画監督:西田美弥子/吉田 徹/飯飼一幸   美術監督:春日美波

第1話 目覚めた場所

2050年。技術者デリダ・イヴェンは、リビルド社で自身が開発に携わった自律機械DZにバグがあることに気付く。同僚のネイサンと共に、上司のアンドレイにDZの出荷を止めるよう上申するが、断られてしまう。嫌気がさしたデリダは、上層部の説得を諦め、ネイサンの娘・マージュの誕生日を祝うパーティへと出かける。ネイサン、マージュ、その友人のユーリィと共に楽しい時間を過ごすデリダ。だが翌日、何者かによる襲撃を受けて……。

脚本:古怒田健志/佐藤卓哉   絵コンテ:祝浩司/佐藤卓哉   演出:祝浩司   総作画監督:渡辺浩二   作画監督:鎌田 均/沼田 広/輿石 暁   美術監督:春日美波